スポンサーリンク
レシピ

カスタードのショートケーキ | クリスマスケーキにもお勧め、少し贅沢なショートケーキのレシピ

アーモンドを使用したスポンジで、カスタード入り生クリームをサンドしたショートケーキ。 家族で食べれる18cmサイズなので、クリスマスケーキにお勧めです。
散歩日記

田舎パン『パン・ド・カンパーニュ』が美味しい首都圏のお店を紹介 | カンパーニュの美味しい食べ方。

パン屋さんで見かける 見た目が綺麗だけど『大きすぎ』『食べ方がよくわからない』などで敬遠されがちなパン。 ですが、実は「パンの原点にして最高のパン」といってもいいくらい 美味しいパンなのです。そんなパン・ド・カンパーニュの美味しいお首都圏周辺のお店と食べ方を紹介します。
レシピ

ホワイトチョコとパッションフルーツのケーキ 南国の風をイメージしたトロピカルケーキ 15cm2台分

チョコスポンジの上にホワイトチョコムース、パッションフルーツムース、マンゴージュレを層にした ほろ甘く爽やかな「南国の風」をイメージしたトロピカルスイーツです。こちらのケーキは、忙しかったパティシエ時代に納期に追われて、まだ美味しく出来る可能性があったケーキを、今回じっくりと試作を繰り返して完成させたケーキになります。
お菓子作りの色々

実はチョコレートの原料カカオはトロピカルフルーツなのです。元パティシエがチョコレートについて教えます。

実は、チョコレートの原料であるカカオはトロピカルフルーツであり、その果肉は甘く酸味があり美味しいのです。今回はチョコレートの勉強の為、Bean to Bar(カカオ豆の仕入れから、チョコになるまでを一貫して行う工房)の「ミニマル 富ヶ谷本店」にも足をはこんでみました。
散歩日記

どら焼きの美味しいお店 東京三大どら焼き「うさぎや」「亀十」「草月」

東京三大どら焼き 「以前、東京で食べられる美味しい和菓子を調べていた時、東京三大~と呼ばれる お菓子達があることを知りました。」 前回は 東京三大豆大福を食べ比べしましたが、今回は東京三大どら焼きを食べ比べしていきま...
お菓子作りの色々

フィレンツェで修行されたシェフのビスコッティ専門店『ビナーシェ』千葉県松戸市

本場イタリアのフィレンツェで修行されたシェフが造った ビスコッティの専門店 『ビナーシェ』binasce ビスコッティとは イタリアトスカーナ地方で生まれた郷土菓子。 ビスコッティとは2度焼くという意味で、...
レシピ

お家で作れるパティシエのチョコレートケーキ『ショコラノワゼット』意外と簡単に出来る本格的なチョコレートケーキ

お家れで作るパティスリーの本格ショコラケーキ ショコラとノワゼット(ヘーゼルナッツ)にラズベリーのアクセントを加えたパティスリーによくある上質なチョコレートケーキを家で作れるようにしたレシピです。 コチラのケー...
散歩日記

隠れた名品 東京三大豆大福と呼ばれる『群林堂』『瑞穂』『松島屋』都内にある豆大福の名店三店舗を食べ比べ

東京三大豆大福というものが有るのをご存じですか? 東京には豆大福で有名なお店 東京三大豆大福と呼ばれる『群林堂』『瑞穂』『松島屋』の3店舗があります。 どのお店も人気があり午前中には売り切れてしまう事がほとんどです。今回は東京三大豆大福を食べ比べしてみました。
レシピ

ふんわりと軽いレアチーズケーキ『クレームダンジュ』の作り方 | 元パティシエのとっておきレシピ

本格的なクレームダンジュを身近な材料で。 クレームダンジュとは、フランスのアンジュ地方 発祥のスイーツで フレッシュチーズに 生クリーム、 メレンゲを加え、ベリー系のソースと合わせて食べる ふんわりと軽いチーズケーキです。
散歩日記

『プラチノ桜新町店 』の 『アンジュ 』フレッシュチーズケーキ が美味しいパティスリー プラチノ桜新町店

クレームアンジュ(別名クレームダンジュ) フランス西部 アンジュ地方のお菓子で、 フレッシュチーズに生クリームや メレンゲを合わせ、ガーゼに包み 水分を切ったムース状のお菓子で、 ベリーのジャムやソースを添えて食べ...
スポンサーリンク